2019年 11月 例会

台風は爪跡虚し土砂の波      扇子

ヒメジオン幾世つないで風に揺れ  十桝

津波跡隠す白壁赤蜻蛉       玲

慰霊碑の丘に十本曼珠沙華     駄犬

野分雲鴨目声なく浮ぶ海      涼呂

錦秋や楽しき時ぞ矢のごとく    英

豪雨後の被害の地にもオリオン座  さとか

秋豪雨去りて鷹の眼ヘリ奔る    漁市

秋空を滑るトンビの影一点     信

色褪せて朴葉帰るや土手霜土    いつつばし

秋出水これまでの労泥の中     法導

陽だまりに壁に這いつくいぼむしり 翠風

姫御膳に付き従ひぬ七五三     文庫

色なき風尖った水車異惑星     寿々

野分去り同業二人凪の海      大丈夫

秋桜ひらがなの風吹きにけり    いずみ

 

2019年10月の例会は、相馬地方吟行会実施のため休会となりました。

 

2019年 9月 例会

向日葵や嫁す娘のごとく手渡しぬ  ミズキ

西窓に貼りつく夕陽蜘蛛の影    いつつばし

網戸越し蝉の脱け殻手を上げて   扇子

父母の乗る精霊牛の背を撫でて   漁市

廃寺やコオロギの声十重二十重   駄犬

童心に戻りて追うや赤とんぼ    涼呂

畑仕事蚊はいそいそと近寄りぬ   十桝

なまぬるし野分過ぎたる昼下がり  翠風

網戸越し鳴いて覗いて蝉は去り   さとか

虫の音に一人手酌の冷酒かな    信

山里のひだまり揺らす韮の花    みちのり

玉の汗ジャズの響きや秋の空    英

あおり風木槿の祖国ざわつきぬ   玲

海鞘割いてリアスの海や冷やし酒  大丈夫

ぽつねんと縁側に居る茄子の牛   文庫

 

2019年 8月 例会

つる草の葉に構えけり青蛙     信

雲の峰飛行機雲は何合目      漁市

喧騒と経と蝉の音渡月橋      いつつばし

幼な子に読み聞かせする夏座敷   さとか

見えぬ糸絡め囚われ干あがる蛾   寿々

刈草の肺の奥まで沁みにけり    わるつ

竿頭の竿がしなりてゆーらゆら   翠風

漆黒の空を展くや大花火      涼呂

囃立て編み笠美人通り抜け     扇子

ねぶた舞い別れ惜しむや秋初め   英

涼風や阿弥陀ヶ原は雲の中     みちのり

石くれの下に上目の鰯いる     文庫

片陰や入る順繰り押し出され    大丈夫

買物を一つ忘れし残暑かな     いずみ

 

2019年 7月 例会

梅雨さなか体にひびく朗読会    さとか

とおし鴨人恋しさに近づきぬ    涼呂

植栽の蜘蛛の巣傘が梅雨受けて   漁市

多賀城や廃寺の森に五月風     十桝

百余年亡祖父の手植えし百日紅   駄犬

梅雨寒し晩学の帰路肩すくめ    翠風

初蝉の声かき消して神輿揺れ    いつつばし

夏の夕米寿と語らいワイン飲む   英

洞爺湖に彩り花火集いの感     扇子

茂る葉に雀暫く雨宿り       信

ラジオから津軽三味線半夏生    玲

七夕や齢を重ね母を汲む      ミズキ

男梅雨団子屋車寅次郎       大丈夫

闊歩する烏の径や白あじさい    わるつ

涼風の急ひで頁の先捲る      文庫

振り向いた丸い背中の九十年    寿々

へろへろと山門に入る梅雨の蝶   いすみ

 

2019年 6月 例会

卯波立つ大震災の跡広し      信

春嵐落ちる花弁陽の香り      涼呂

夏燕虫を捕らえて宙返り      みちのり

終電や一日を乗せ走馬灯      いつつばし

六月の雨はショパンに乗って降り  文庫

ホバリング途切れず鳴いて落ち雲雀 大丈夫

綿毛吹く孫のくちびる般若心経   寿々

宙返り低空飛行の燕飛ぶ      玲

山蕗のほろ苦き味旨し酒      扇子

紫陽花寺茶と椅子のみのおもてなし 駄犬

禅学ぶ梅雨の晴れ間のひと時ぞ   英

そよろ吹く5月の風に遠き笛    十桝

門前でカメラ目線の薔薇二輪    漁市

どくだみの蕾涙のごとく濡れ    さとか

梅雨寒や検診はしごの憂鬱     翠風

 

2019年 5月 例会

陽を浴びて白い小鈴は初夏を告げ  扇子

薫風や肩を並べてなびく鯉     玲

囀りや連休に読む単行本      さとか

過疎の村一期一会の花回廊     駄犬

手を離れ風に震える早苗かな    いつつばし

春謳歌満ちたり顔のこけし達    漁市

行く春や一人でワイン京の夜    英

賑わった無人の仮説緑濃く     寿々

俯ける花のうなじの雪解かな      信

薫風や植木鋏のリズム乗せ       みちのり

令和見ず母の逝きたり花の雨      大丈夫

初出勤スーツに躾のバスの中      翠風

令月の風和らいで香る梅        文庫

目借り時どちらの人も美しき      十桝

きらきらと村のふくらむ植田かな    いずみ

花筏娘を映す七回忌          みずき

 

 

2019年 4月 例会

来世では牡丹餅母に分ける父     漁市

花隠し鳥も無言の真昼かな      わるつ

梅見酒酔うこともなく別れけり    大丈夫

花びらのいく枚か散り風を知る    信

お花見や賜いし酒に頰赤め      十桝

緋牡丹の戦さや首の悉く       島 文庫

春宵や酒場に甘きジャズ流る     いずみ

花冷えや手をつなぐ君頰染めて    寿々

玲々と鶯が鳴く和む朝        玲

制服の少女の顔に光る風       翠風

MRI春雷のごと迫りくる       涼呂

木洩れ陽にかたかごの花凛と立つ   みちのり

桜咲く孫のドヤ顔春一番       駄犬

満開の桜を飾る雪ぼうし       英

富士望む屏風ヶ浦は凪の春      扇子

遅霜に鉢花もどす軒の下       さとか

十日振り開ける西窓香る梅      いつつばし

 

2019年 3月 例会

蒼き葱並びし畝に光る風        扇子

蜆茹づ十三湖からそよぐ風       島 文庫

衰える記憶の果てののぞみかな     十桝

子等の舞う大黒舞や雪も舞い      寿々

春めきてスキップしたい私婆婆     玲

啓蟄や思いそのまま八年が       さとか

雨音のどこか柔らか春の昼       いずみ

まんようのもりのまんさくめをさまし  みちのり

あるだけの人形並べお白酒       涼呂

蕗の薹朝の味噌汁元気元        翠風

早春の黒い津波や忘れまじ       英

草萌や被曝の森を獣駆け        わるつ

梅の香に誘われ二人遠回り       駄犬

春時雨咲き出す花の気を鎮め      漁市

葉を広げ春の陽を向く八手かな     信

水鳥の去りゆく空や黄砂染め                       いつつばし

 

2019年 2月 例会

春日和生き抜く覚悟古希の人      英

病む母に何を語るや軒氷柱       駄犬

香香も孫もぐっすり春昼寝       寿々

毛嵐や影を映せし鳥つがい       いつつばし

鬼やらい父の遺影もうずうずし     漁市

石楠花や蕾かぞえて春を呼ぶ      さとか

買い初め人の波間を背伸びして     扇子

影ふたつスーパームーンの凍てる道   玲

喧嘩凧空の青さに息をはく       涼呂

輝きて校舎の屋根に春立てり      十桝

豆撒くや鬼の顔して小さき声      翠風

軒下を如月の日の照らしおり      信

燃え尽きしものに色あり落椿      いずみ 

せせらぎの雪間に立てり淡き靄     島 文庫

 

2019年 1月 例会

鎮魂の希望の丘に初日の出        駄犬

寒仕込み生酒を酌む佳き日かな      翠風

茜さす日の出とともに初電話       凉呂

初日の出背中に受けてピアノ弾く     英

外は雪熱き雑煮を子は食べし       星美

枯芝は心映すか光影           漁市

鰰の口内花火弾みけり          扇子

寒の入りしまい忘れの酒見つけ      みちのり

晩酌や日毎深まる指のひび        十桝

冬空にメタセコイアのスケルトン     信

風花や鳥語溢るゞ庭に散り        わるつ

手を合わす義母の横顔初日の出      寿々

しりとりの「る」で行詰る冬日向     さとか

急げども我が家は遠し雪轍        いつつばし

去年今年変わらぬ朝よ一服の茶      玲

賜はりし蒼天うれし初詣         いずみ

風呂吹きを二つに割りてすすめけり    大丈夫