わ い わ い 句 会

2017年の作品

2017年 12月 例会

 

山茶花の散りたる庭や寂しけれ     アキノ

にごり酒湯気の向こうに亡父の顔    扇子

誰も居ぬ猫が番する柿簾        大丈夫

返り花己の影をてらすかな       涼呂

霜月や霞む三ケ月通夜帰り       玲

銀杏散るビルの谷間の点描画      わるつ

銀杏の木夕暮れ背にし鎮座する     星美

干し柿や母の思い出食べつくす     さとか

羽散らす虎落笛かな鳶と鳶       いつつばし

裸木をかけ登り行く影ひとつ      十桝

ポケットの鍵束鳴りしクリスマス    いずみ

 

 

2017年 11月 例会

 

栞おき頁とじる手火の恋し      玲

淡彩や霞む山並み時雨虹       いつつばし

石段をよいしょよいしょの七五三   寿寿

明け烏ひと声鳴きて冬に入る     いずみ

陽を浴びて蜻蛉やすめる野菊かな   法導

吹かれつつただ秋風にウオーキング  大丈夫

朝霧やしじまの森に秋の虹      涼呂

築港の夢はるかなり野分ゆく     十桝

石蕗の花庭から抜いた庭師かな    アキノ

時雨やみ窓に描いた虹ふたつ     さとか

草紅葉パークゴルフの声ひびき    扇子

 

 

2017年 10月 例会

 

赤秋や心のままに去りたけり      英

老夫婦頷きあいて萩の中        信

風の音畔の夕闇草雲雀         扇子

気まぐれに月隠しおり流れ雲      いつつばし

ほろ酔いてゆらり揺れます彼岸花    玲

青空に恋こがれ咲く曼珠沙華      さとか

霧晴れてトンボの群れの無音界     わるつ

三日月や仰ぎて酔いし古希の日は    夢美

秋風や湖水さざめく花山路       十桝

コスモスや花びら握る幼き掌      法導

虫時雨終着駅の硬き椅子        いずみ

不作田の草刈りまばら赤とんぼ     翠風

塀越しの金木犀の匂いかな       アキノ

月を待つ子らと囲みて紙芝居      涼呂

月あかり巫女のかんざし白いかお    寿寿

 

 

 

2017年 9月 例会

 

長雨の止みし朝には秋風が       さとか

青い空ひと月ぶりの赤とんぼ      法導

白露候スイングジャズと赤ワイン    寿寿

ねこじゃらし河原は風の棲むところ   いずみ 

釣り人の成果をのぞく夏深し      大丈夫

笹竹や短冊二枚幼な文字        いつつばし

秋空に仏舎利塔の輝ける        十桝

贈られし香り楽しく夏のれん      扇子

長雨に日傘主役を降板す        玲

賑わいを避けて通った星祭り      アキノ

短冊の願い新たに弾む筆        涼呂

それぞれがすきずきになけ秋の虫    信

友ありて酒を親しむ秋初め       英

 

 

 

2017年8月の例会はお盆休みです

 

 

2017年 7月 例会

 

山裾へ伸びる農道青田風       信

戻り梅雨ナスの根っこに染みにけり  法導

夏盛り会話まともに四歳児      さとか

バラの降る紅に染まりて夏の雨    ワルツ

明かりなしくちなしの花香りたつ   ぴかそ

メロン来たまず真っ二つにするべしや 大丈夫

山動く豪雨の後に夏隣り       翠風

あやめ草天平の思いわが胸に     寿々

山百合や東京いまだ梅雨の空     十桝

宵祭り艶めく姿活き活きと      扇子

毛針舞い山女魚跳ねるや夏の渓    いつつばし 

天の川心満たされ夢世界       英

梅雨晴れ間干し草香る帰路の径    涼呂

短夜や夢を見ぬ間に夜明けなり    アキノ

広瀬川賑わし去るる河鹿鳴く    玲       

 

 

 

2017年 6月 例会

 

菖蒲咲く壺のいしぶみ歌聞こゆ     いつつばし

帰らぬと知りつつ覗く初夏の庭     玲

雨後の空茅葺き屋根に夏来る      翠風

陰険や梅雨晴れ虚し安部政治      十桝

芭蕉布を唄いて見える青き梅      アキノ

風光る浸かるからだは上気して     扇子

浮雲や影を残してバラの散る      わるつ

病うけ情けをうけて一夜酒       英  

千本の浜昼顔咲く野蒜かな       法導

鳥騒ぐ樹立ちに初夏の朝日かな     信

夕焼けに対峙して飲むビールかな    さとか

ゆるやかに風の匂いや雪の壁      涼呂

みどり濃くやわ肌ゆれて露天風呂    寿々

白日傘くるりと廻し人を待つ      いずみ

 

 

 

2017年 5月 例会

 

青春や遥か彼方の花吹雪        法導

春行くや凡なる幸のひとつ在り     英

卒寿すぎ母の老いたし仏生会      翠風

還らぬ旅花翳残す夜明けかな      涼呂

木刀の素振り百回夏つばめ       いづみ

五月晴れ誘われ鯉の深呼吸       玲

母結ぶちまき香るや釜戸わき      いつつばし

朝の陽や越冬すみれ活き活きと     扇子

真青なる空をめがけてシャボン玉    さとか

花散るや玉ネギ畑の濃き緑       十桝

うつむきて花海棠は風に浮き      アキノ

いつの間に若葉樹間を埋めにけり    信

人の多き人の死多き花見山       大丈夫

 

 

 

2017年 4月 例会

 

山鳩やさえずり近し朝茶の香      翠風

老いてこそ待ちわびいたる桜かな    英

天頂の藍より霞む端山かな       信

今年また稽古始めや春の鳥       大丈夫

春霞太平洋に立ちにけり        十桝

木蓮や朝もやに白く立ちにけり     法導

子供らの肩にしみこむなたねつゆ    寿々

ショパン聴く雨音軽ろし花の雨     わるつ

春風やつかんで幼な子走りゆく     さとか

遥かなる若き想いや蕗の薹       いつつばし

通学の車輪一列風光る         いずみ

鶯の鳴き声添えて朝の卓        涼呂

花明かりそぞろ歩くよほろ酔うて    玲

山里の芽吹きの時や待ちわびて     アキノ

 

 

 

2017年 3月 例会

 

悲しさを遠く流せや春の海      英

雛の日や強風の中一人おり      アキノ

白梅やほころび数え人待ちぬ     信

ほの緑つぼみ膨らむ冬の光(かげ)  翠風

木漏れ日や森にまんさく咲かせをり  のりみち

古雛や卒寿を過ぎし箱に入る     わるつ

福寿草いきなり咲いて驚かせ     玲

マンサクや人無き里に春招く     いつつばし

酔いどれて酔いを忘れて冬銀河    大丈夫

異文化の技織り込みて冬衣      涼呂