わ い わ い 句 会

2016年の作品

2016年 12月句会

 

秋麗や煙る西陽に影蔵王        いつつばし

小春日や喪中ハガキに友の名が     さとか

街の角ほっこり優しシクラメン     のりみち

ほの灯り道づれは影息白し       玲

香の甘しため息出るや桂花       翠風

柘榴割れしたたる色の輝けり      涼呂

世の中の変り目に居て漱石忌      信

笹かまやよく仙台に生まれける     十桝

復興願い美人ランナー風を切る     寿々

冬ざれや杉村惇の絵馬駆ける      大丈夫

強く咲く石蕗の花見て元気出し     アキノ

 

 

2016年 11月句会

 

紅葉や色の消えゆく猛吹雪       さとか

コスモスの花の残りや吹雪打つ     信

小春日やぶらり吟行出会い橋      翠風

秋夕べ火の鳥行くや雲まぶし      玲

ヒンズーの影絵が躍る彼岸かな     十枡

木枯らしやトランプショック凍りつく  英

芒原ゆれてしなやか風の櫛       のりみち

足早の冬将軍や残り花         わるつ

晩鐘や苔に落ち葉の瑞巌寺       いつつばし

むかご玉風の言付け聴いており     涼呂

松の島波にゆられて秋吟行       寿々

 (なお、10月句会は松島吟行会として行われましたが、参加者からのまとまった形での作品は出されていませんので、このホームページには掲載しておりません。)

 

 

2016年 9月句会

 

夏雲や蔵王の峰に肘をかけ       いつつばし

夏残り気怠さ在りて昼下がり      英

澄む空を水平に切る蜻蛉かな      信

円墳や草もち食べてみたき朝      十枡

甚大な爪痕残し野分晴れ        翠風

蒲の穂よ風と戯る沼ほとり       涼呂

悲哀秘め蓮華清しやおんな旅      玲

はすの花水にうつして母おもう     寿々 

 

 

2016年 8月句会

 

夏盛り急ぎ走りしウルフ死す      英

夏光る若き女性の足四本        信

隣人の会話をのぞく夏座敷       さとか

短冊に夢吊り願う笹の波        翠風

夫を待つ線香花火甦る         玲

真夏日や思いを込めてチゲ食らう    十枡

夏の夜や咎なき風に夢深し       いつつばし

法師蝉まつり順繰り急がせり      大丈夫

紫陽花や弾ける青を抱きおり      涼呂

 

 

2016年7月句会

 

鴨川の夕暮れ川床に京美人       翠風

揺れる傘四葩の如し交差点       いつつばし

山嶺の黒ぐろとして夕焼けか      信

新緑や浸して走る梓川         次郎         

夏の川はじけて踊る子等の影      涼呂

夏嵐激情のまま国乱る         英

いつよりが余生となるや梅雨晴れ間   さとか

日にひとつ探しものする夏隣り     大丈夫

長雨やつゆ草色の空恋し        玲

雨期明けや漁船群れなすダナン湾    十桝

 

 

 2 01 6年 6月句会

 

梅雨入りや日本列島かけあがり     アキノ

おちこちの木々に衣や藤の花      さとか

野良仕事帰る空より夏の月       いつつばし

我知らず紫陽花悲し友逝きぬ      英

菜の花やはるかに富士の微笑みて    十桝

初ガツオ浜の活気をとりもどし     道産子

芍薬や丘一面の雨上がり        次郎

今落ちるかもしれぬ揚げ雲雀      大丈夫

葉の陰のうす紅を差す実梅かな     信

アイロンの滑り愉しや梅雨に入る    藍

今年また鳥と競いて枇杷実る      涼呂

芍薬やいたずらな風花散らし      玲

葉桜や最上の流れ湯のけむり      寿々

十指みな水温む朝草を刈る       翠風

 

   

2016年 5月句会

 

花よ花ミズキの花よ歩も軽ろし     玲

山笑ふ交わす木霊や隠れ鳥       いつつばし

波来さじ伝えゆかしき春の丘      十桝

春光や朝のひととき面を打つ      翠風

山影に包まれブナの芽吹きかな     信

堂々と風受け流す大牡丹        さとか

草むしり素足に届く若葉風       涼呂

ままごとの桜御膳や夕日落つ      わるつ

薫風にブロンズ像の深呼吸       次郎

行く春に夕映えの時幸ならん      英

病み上り眼にふうーっと柿若葉     藍(あい)

見上げれ潔く美し花吹雪        アキノ

 

 

2016年 4月句会

 

春さむし赤子のホホやあみだ様     寿々

もの全てふくらみがあり芽吹き雨    信

導くや君の旅だち桜風         いつつばし

花咲くや友と語らい酒を飲む      英

人生の匂ひ見えてや風光る       愚庵

れんげ草固まって咲く孤独かな     十桝

早暁の鳥もざわめく桜かな       おおばこ

今年又花咲く不思議酒を酌む      大丈夫

春の野やカラー帽子が見え隠れ     玲

ほのぼのと夢の膨らむ福寿草      涼呂

春風やこれからのこと忘れさせ     さとか

人混みや青くあり花疲れ        アキノ

蛇 穴を出で古里は花の昼       わるつ

うぐいすのまだ若き声この朝(あした) 翠風

軒先に肥後椿咲く雨の朝        道産子

握る鍬耕すべきは我が心        次郎

 

 

2016年 2月句会

 

庭石の大きな翳り利休の忌        おおばこ

熱燗や心溶かして夕暮るる        涼呂

ふと見るや白い帽子の寒椿        アキノ

下肥の臭いほのかな雪景色        十枡

幽玄や三日月冴ゆる坂の上        玲

初場所や日本力士の命懸け        和彦

人誰も主役演じて路地の雪        愚庵

流れには逆らうべきや寒椿        さとか

雪まろげ児らとほどよき疲れかな     翠風

風花や辛夷の花芽柔らかに        信

早春や窓の陽嬉し昼下がり        英

風に問う霙降りしや山向こう       淳

海老反りて琴奨菊の豆を撒く       大丈夫

 

 

 2016 新年句会

 

静かなる雪の蔵王の地下は燃え                         さとか

清々し琴の調べや春の海                                    おおばこ

群青の絵の具で描くや凧の龍                            十枡

年明けて  寛容心   忘れけり                               英

春遠しもぐらの穴の連なりて                            わるつ

堕落てふ言葉も失せて冬ごもり                        愚庵

天を衝く清しき姿枯木立                                   信

初春や願う柏手赤ら顔                                       翠風
子等去りて和紙の鶴のみ冬座敷                       凉呂

初春や天空に舞ふインパルス                           玲

あらたまの年のはじめやクラシック                アキノ

月照らす碧き雪影居久根かな                           淳